薬の服用と頭皮と食生活と育毛シャンプー

病気などで薬を飲むと髪にも薬成分が回り副作用で髪の毛が抜けてしまう物もあります。こういったかたもいると思うので育毛は必要だと思います。抜けてしまうと毛根の老化促進してしまって生えてこなくなるかもしれないので普段から育毛シャンプー・育毛剤や頭皮の手入れをしておくと良いと思いました。特に婦人科系の「性ホルモン剤」「てんかん治療剤」「抗うつ剤」「睡眠導入剤」など特に副作用が強く出る方がいらっしゃるので注意してください。もし、抜け始めたら1度薬をストップすることです。抜けるのは薬によって毛根の細胞分裂を抑えてしまうからなのです。薬をストップすると細胞分裂を抑えられなくなるからなのです。(担当医師にも相談しましょう)他には、ストレスやダイエットホルモン分泌の異常などでも髪が抜けることがあります。やはり頭皮の環境を良くすることで変わってくことがあり、頭皮が硬い人は柔らかくしておくことです。頭皮の血行が悪いと硬くてよくありません。頭皮には帽状腱膜という膜があります。頭皮の保護シートのような役割を持っています。これは、皮膚の線維状組織で頭皮の温度が低い人ほど硬くなっています。頭皮を柔らかくするには、食生活からも関係してきます。アミノ酸・鉄分など血となりやすい物を摂取していると思われます。育毛には、シャンプーでの頭皮の環境管理、食生活、時には薬の服用に気を付け毛細血管を活性化して頭皮状態を柔らかくしておきましょう。